souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

ザ・ヒストリー・オブ・ブルース@渋谷東急Bunkamura オーチャード・ホール

聞けば、Bunkamuraにブルースが響き渡るのは画期的で歴史的な?出来事らしい。よく見れば、結構お爺ちゃんお婆ちゃんも多く、きっと何も考えずにハガキ書いたら当たった人たちなんだろうな、と思う。ところがどっこい。最後のジャムセッションでは、総立ち、とは行かないまでもノリノリ。暫くアンコールの拍手も鳴り止まなかった。
凄い。
Bunkamuraが「ブルースの歴史」と銘打って「お勉強臭い」シロモノだったら即座に帰るぞ!と思っていたが、永井“ホトケ”隆のナビも心地よく、全くの杞憂だった。出演者たちの、先人へのリスペクトが痛いほど感じられたし、何より子供のようにはしゃぎながら奏でるブルージーな音が本当に心地よく楽しかった。ありがとう!って叫びたい気持ちだったよ。


セットリスト

  1. 嫌んなった (沖てる夫・憂歌団) - featuring 木村充揮+KOTEZ
  2. Shake Your Money Maker (E. James)
  3. Woman Be Wise (Sippie Wallace) - featuring LEO
  4. Mama, He Treats Your Daughter Mean (Ruth Brown)
  5. I'm Your Hoochie Coochie Man (Willie Dixon) - featuring 永井“ホトケ”隆
  6. Treat Me So Low Down (T-Bone Walker)
  7. Things Ain't What They Used to Be (Mercer Ellington) - featuring BIG HORNS BEE
  8. ? - featuring Corey Harris
  9. ?
  10. ?
  11. Carol (Chuck Berry) - featuring 鮎川誠
  12. Keep a Knockin'(Little Richard)
  13. Big Chief (Professor Longhair) - featuring 山岸潤史+永井“ホトケ”隆
  14. Shake a Hand (Little Richard)
  15. Let's Have a Natural Ball (Albert King) - featuring 近藤房之助
  16. Night Life (B.B.King)
  17. What'd I Say (Ray Charles) - all stars jam
  18. The Blues Is Alright (Little Milton)