souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

無気力の連鎖

アサインされているプロジェクトの、実質的マネージャと思っていた課長。俺からすれば、カウンターパートに当たる人なのだけれど。何でこんな人が管理職になってしまったのかなぁ。嘆かわしさを通り越して、むしろ、不思議。
聞けば、これまで部下になった社員の昇格を一度も実現したことがないらしい。そういえば部下とコミュニケーションを密にとっている感じは全くしない。そもそも、人とコミュニケーションを上手にとれるタイプではない。俺に何かオーダーする時も(たとえそれがどんなに緊急かつ重要なことなことでも)メールで済ませようとすることもしばしば。会議の席上で、仕切るどころか有効な発言をしたことを見たことない。「このプロジェクトの実質的プロマネはあなたではないのですか」と訊いたら「進捗管理のレベルからすべて部長に任せています」だって。開いた口が塞がらなかった。
会社と、彼の部下のためを思うに、辞めてもらいたいし、俺が権限を持っているなら、辞めさせたいね。


<ここからは、ひとりごと>
別に、偉ぶったり、愚痴を吐くことが目的ではない。
このまま何も吐き出さず、彼の言動をイライラしながら見ているだけだと、自分自身も彼と同程度に落ちてしまう感覚があって、それが嫌で堪らないから、ここにキッパリ書き下すことにしただけだ。