souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

インサイドキックは決して身体に良くない(らしい)

今日のコーチ会議で、とあるコーチから聞いた言葉。
サッカー選手に多い鼠径部ヘルニアなどの遠因にインサイドキックがなっているらしい。初めて聞いた。
ショック。
イチローをはじめ、トップアスリートに信望されている「初動負荷理論」ということによると、そうらしい。この本asin:4062122170きゃ。


でも、そうなると、何を信じて指導すればいいのだろう。


昔は、「うさぎ跳び」が勝利への道と思われていた。水分補給は、「疲れるので逆効果」と信じられていた。笑い話のようだが、つい25年ほど前には常識であって、現在、大変な非常識であると誰もが知っているハナシだ。

インサイドキックにしろ、随分不自然な動きだとは気づいていたが、そうだからこそ、この動きを子供に教えることで、正確なパスを繰り出す「技術の粋」を教えていた気になっていたのだ。

身体を壊すほどではなく、選択肢の一つとして紹介する、そういうスタンスになるのだろうか。


この章、続く。(という感じ)