souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

予選は何より結果が大事

実は、リアルタイムでは見れなかったのね。昨日の試合は。接待モドキの飲み会だったもので。Sigh。まあ、しょうがないんだけれでも。
飲み屋から出た時点で「前半終わって1-0のリード」の情報しかなく、それから山手線で帰路についたのだけれど、その時の思考回路は。。。

1.今日の緒戦、勝ち点3を獲れなければ、そんなチームは独逸へ行く資格なし

2.前半終わって1-0のリード、うまくいけば3〜5点差のゲームだろう

3.でも、どうせ勝ち点3を獲るなら、「同点に追いつかれて最後に突き放す」展開もいいかも。
 「何が起きてもおかしくない」2次予選を、緊張感をもって乗り切るために。


帰宅したのは、タイムアップ直後の21:30。俺が制するより前に、息子が「お父さん!勝ったよ!!」と言って抱きついてきた。バカヤロウ!俺に結果を告げるんじゃねぇ!
蓋を開けてみたら、予想どおり、と言うより予想以上に劇的な展開。正直おいら自身もビックリ。


試合の内容を振り返ってみると。。。


田中マコを引っ込め、4バックにしてからは

・小笠原と俊輔のどちらか一方がフリーで前を向ける状況が常に生まれ
・タメを経てからサイドへ展開することにより
・サイドプレーヤが余裕を持ってクロスを放り込むことができ
・精度の高いクロスを待ち受けることが出来る

という日本のアグレッシブな攻撃パターンが繰り返された。最後の15分間の素晴らしい球回しを見れば、それは明らか。


しかし、前半あれだけ悪かったのだから、後半アタマから4-4-2じゃないの?同点に追いつかれるのが、例えば「残り5分」だったらと思うと、ゾッとする。

でも、ジーコはつくづく強運の持ち主だね。1次予選の緒戦(ホームのオマーン戦)やアウェイのシンガポール戦もそうだったけどさ。


8年振りの「胃の痛くなる最終ラウンド」へ、ようこそ。