souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

会議は踊る

朝は8:30から昨日の続き。OnePhoneチームの理解を促進するために。我々と同じレベルで統合的にサービスを提供するために。忍耐は続く!

さて9:30にAさんが出発。リムジンに乗って一人でサンノゼ空港に向かってもらった。ほっと一息つく間もなく、引き続きOnePhoneの連中と議論。どうしても「提供する機能」から発想したがる癖は直らないのか。


昼はFlickr。共同経営者のスチュワートとカテリーナが来てくれた。サンドイッチをつまみながら非常にリラックスした雰囲気でミーティングを進める。もともとMMORPGの開発者だったとのこと。プレゼンの資料をまんま貰ったので、また共有します。キーになるのはやはりメタデータ(tag)。ユーザーが勝手に写真につけるキャプションやノートがコミュニケーションを拡げている。
最近オフィスを引っ越したらしく、名詞がないと言い訳していたので、名詞を渡し、俺にメールしてくれと頼んだ。Flickrのアカウントもタダでくれるって。非常に気さくな連中。MySpaceの連中に会った時にも感じたんだけど、はてなの近藤氏に会ったときと同じような雰囲気。仕事が遊び。すごく速い! ミーティング中に撮った写真は、1hもしないうちにカテリーナのサイトにアップされ、HとTを「コンタクト」にしていた。これから空港へ行くって言っていたのに、どこからアップしたんだろう。

午後2:00からは、シリコンバレーの広告モデルの第一人者(らしいよ)Dave Carlickと議論。彼はDDと同じくVantagePoint Venture Partnersのパートナー。プレゼンは早口で(ちょっとシャイなのか)、コンセプトが難しくて(頭が悪いかも)、通訳が無茶苦茶で(人の連れてきた人に文句言っちゃいけないね)すごく疲れた。要点だけ。
訪問者が顧客になるためにはいくつもの段階をふむ:
Intelのチップ製造工程と同じ
webサーチというのは雑誌編集と同様の作業
バナーの教訓:これまでの「広告」のありかたを否定
マス・マーケティング → パフォーマンス・マーケティング
パフォーマンスの計り方:
 CPA(Cost Performance per Action)や
 CPC(Cost Performance per Click, Call)
「誰か」が重要ではない → 「何をした人か」が重要
One to One というより Bucketing:プライバシー保護派への言い方
新聞の折込み広告はReachLocalみたいに30分Fill inでweb広告が打てるようになる
【参考】
Almond Net
http://japan.internet.com/wmnews/20040730/8.html


DCは話してみるとシャイな音楽好きの中年だった。
そりゃ、学生時代にLAをうろうろしていたら、いろんな影響も受けるだろうよ。
とても疲れたので、泥のように寝た。