souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

TAKS久々のギグ

本日、ファーストアルバム完成記念と銘打ったライブを決行する。ほぼ2年振りのギグである。キンチョーするなぁ(嘘)。
いやホントの話、アルバムが完成するには、それこそ紆余曲折あったのだよ。のっけから言い訳がましいが、レコーディングなんかは2002年の年末からやってるし、ミックスダウンを始めたのもかれこれ1年前だぜ。ハードディスクレコーダーの調子が悪い、そもそもメンバーの都合が合わずに作業が進まない、等々。。。ほとんどオクラ入りの危機に瀕したが、漸く完成を見た。こういうのを「難産」って言うのだろうけれど、その分感激もひとしおってことです。


ギグのハナシに戻る。


TAKSを含めこれまで数えきれない程ギグをこなしてきたのだけれど、今回は不思議なんだ実に。自分らの手で世に産み出された筈の楽曲たちが、あたかも「いのち」をもった生命体のようにおいらの身体の中で暴れだし、何だか勝手に殻を破って孵化しようとしている、そんな感覚なんだな。昔、ワンマンバンドで知られるKing Crimsonのリーダー=Rフリップ翁が

私は King Crimson というバンドにおける小さな偶然に過ぎない、King Crimson は私のバンドではない、それどころか King Crimson は私の意志とは関係なく音楽を発表したいときに天から降りてきて勝手にそれを表現する、私はその実現を補助する技術者に過ぎぬ

みたいなコトを語っていたが、それと近い感覚なのかも知れない。
自分で言うのもナンですが、ちょっと、凄いことになりそうな予感。皆さん、是非味わって下さいまし。


TAKS(込) 極悪サマーライブ2004 set list


1 Opening [Symphonie Nr.40 / Wolfgang Amadeus Mozart]
2 Looking for the Answer
3 東経66°
4 愛のプライド
5 ぼくはいもむし
6 What It Takes
7 Every Little Thing
8 ときめき
9 君の口から