souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

サマーキャンプに参加して

キャンプでは5・6年生を担当しました。


初日の午後はじっくり4時間近く練習。
普段触れることの少ない芝の感触を楽しみながら、まずはドリブル、キック。
ほら、芝が深いからキチンと当てないとボールが進まないだろ、基本の差がこういう時に出るんだよ。
続いてグループ戦術の基本動作の確認。攻撃は手数をかけずにシンプルにゴールへ向かうこと、守備は相手を遅らせ奪えるタイミングでタックルすること。
最後にゲーム。グループ戦術を各局面で意識しながらプレーしよう。


こうして、翌日の地元小学校との練習試合に望みました。
伝えたいことは昨日伝えたので今日は直接指示は出しません、自分で考えながら楽しくプレーして下さい、但し試合なのだから最後まで諦めないこと。


こう言って送り出した子供達の逞しいこと。
大声で指示を出す者、ボールと相手の間に身体を捻りこませてボールを奪う者、タッチライン沿いを超高速で駆け上がる者、果敢にスライディングタックルを見舞う者、大きなサイドチェンジを試みる者、見たこともないフェイントを披露する者。
昨日までの自分を超えた120%の自分を、それぞれ発揮していました。
感動的でした。


こうなると結果は自然についてくるもの。
圧倒的にゲームを支配しながら奪えなかったゴールも、相手GKのファンブルに詰めた貪欲な得点のおかげで1-0の勝利でした。


素晴らしい環境の中で内容を盛り沢山にしてしまい、子供達はキツかったかも知れませんが、それぞれに「何か」を掴んでくれたんじゃないかと思います。
コーチを始めて半年の新米も、子供達の限りない可能性をあらためて目の当たりにできたことが何より嬉しかったキャンプでした。


ありがとうございました。