souxouquit’s blog

オヤジロッカー souxouquit の蹴音映書網業泉食考♪

神様のライブ

おかげさまで

55万アクセス突破しました。 ビジネスの状況としては、事業計画絶賛修正中!? プライベートも波瀾万丈。 これぞロッカー。

諏訪湖祭湖上花火大会

花火好きの俺には、長年の夢があった。 隅田川は数えきれない程(多分10回ぐらい)行っているし、6年前には、競技花火としては日本一の大曲にも行った。 しかし、湖上で打ち上げられる4万発が日本一とヒョーバン高い諏訪湖花火を観ずには、死んでも死にきれ…

4万発!

デジタルリマスター&新訳版

世界一幸せで、世界一孤独なベルモンド。ショートカットが無茶苦茶可愛いジーン・セバーグ。 ああ何て切ない。 アロンジ・アロンゾ。 時速100キロで破滅に向かう男。破滅に向かう男に恋する女。 君の腰の線。私の運命線。 地獄の季節。複雑な関係。 ああ。何…

ゴダールの頃

恩師との会食

10年前にお世話になった先輩とサシで飲むという、大変差し出がましい事態である。まぁこれもfacebookで誕生日にメッセやり取りしていて実現したので、便利な世の中になったもんだ、と思う。 10年も経っていればそりゃお互いいろんなことがあるもので、前職で…

AMH 40th Anniv. Special Band

7年前同様、このライブのための、にわか結成グループ(いわゆるお祭りバンド)で参加。 これまでに共演した方も初共演叶った先輩も居る。何とも楽しい。 曲も見事にトッ散らかっている感じ。 サイコーである。 サイコーと言えば、今回は現役の高校生バンドも…

AMH Anniversary Live 2016

グループリーグを終えて

戦前の予想を覆しまくって、それぞれのグループを首位抜けした、B組で2勝のウェールズ(初出場)と、F組で無敗のハンガリー(44年ぶりの出場)。 素晴らしいサポーターの後押しと果敢な戦いぶりで、観ているこちらも胸が熱くなるやら、嬉しくなっちゃうやら…

お楽しみは続く

初戦を終えて

まあ概ね順当ながら フランスはパイエとポグバが凄げぇ イングランドが案の定引き分け発進でB組は結構混沌、ウェールズはいい勝ち方して第2戦のUKダービーはホント盛り上がりそう ドイツは堅いねぇ クロアチア来たねぇ、モドリッチ凄げぇ イタリアは流石の試…

一巡

何が凄いって

WOWOWですよ旦那。 だって月初に加入すると丸2ヶ月観られて、たったの1,944円だよ。 それに、加入キャンペーンで、NumberPLUSのEURO特集号も貰えちゃって(1,111円相当)、何だか言うことありません。

いよいよ開幕

EUROに向けて

コンディションを上げていきましょう。 という訳で、WOWOWに加入しました。 それから、漸く「よい子のツール」が完成しました。ここからDLしておくんなさいまし。 【注】作者が言うのもナンですが今回はバグ含みです。 GLの順位は勝ち点が同じ場合「当該チー…

お待たせしました!

おかげさまで

54万アクセス突破しました。 新職場では、漸く「見習い期間」が明けます。 ビジネスの状況としては好調とは言い難いですが、ま人生、ぼちぼちでんな。

キャメルは不死鳥のように蘇った

キャメルの来日公演は、1980年1月27日'I Can See Your House from Here World Tour in Japan'(リモート・ロマンス ジャパンツアー)に行ってる。今はなき新宿厚生年金会館だった。 当時のキャメルの印象とずいぶん違ったので、いい意味で裏切られたよ。 40…

原始神母

プログレッシヴ・ロック・フェス@日比谷野外大音楽堂のオープニングアクトは日本のこのバンド。 俺、ニック・メイソンのもたったドラムが苦手なので、このバンドは凄く楽しかったなぁ。特にAtom Heart Mother Suite。できれば全曲演ってほしかった。フロイド…

ラティマーはロックバンドで戻ってきた

3度目のステーブハケット

3年前の素晴らしい印象が強すぎたのかもしれない。特に第二部は、ダブルネックのベースが鳴らないトラブルや、前席の酔っぱらいの兄ちゃんの必要以上のトランス状態のおかげでステージに集中できなかったこともあってか、3年前の印象とはかけ離れた散漫なス…

かくも違う印象

ブライアン・ウィルソン@東京国際フォーラム

いやぁ。素晴らしかった♪ 生のブライアンが、そこに居て、歌っている。 ブライアンのパフォーマーとしての力の衰えは否めないが、アル・ジャーディンの息子マットがファルセットパートを補う。バックとコーラスは文句のつけようのない繊細さと躍動感で、ウォ…

『ペット・サウンズ』50周年

スーパースター逝去

あなたは俺のヒーローでした。 74年W杯のあなたは、眩しかった。 小学生だった俺は、あなたの、華麗で、自由で、この上なく美しいプレイに接し、サッカーの虜になったのです。 もしあなたのクライフターンを見なければ、また、フライングボレーを見なければ…

サッカーをアートにした男

おかげさまで

53万アクセス突破しました。 春の訪れとともに、新しい環境で働いている。 毎日満員電車に揺られることのない、しかし結果が出なければ即クビの厳しい環境。 大前研一曰く 人生が変わる方法は3つしかない。 1番目は、時間配分を変える 2番目は、住む場所…

セッション第47弾

今日はハニフラで最後のセッション。 ハニフラにはこれまで39回のセッションに参加したんだけれど、その中で一番お世話になったぽぴゅりーであります。 数えたら、2007年1月から始まって、計25回、のべ97曲も歌ったりコーラスしたりタイコ叩いたりしてました…

さらばハニフラ